たわごと・ざつだん・そのた

-- 2007年2月下旬 --
こんにちはです。
この内容に関する苦情やツッコミがございましたら、教えてやってください。
理不尽または意味不明だと却下したり、反応できない場合もあります。
内容に関して一切保証いたしません。この点については理解をお願いします。
ガセ、勘違いなど、ナンボでも考えられますので。
情報の転載についてですが、情報元の紹介や連絡する必要は特にありません。

# 近年はテンション低くてネタを見過ごすこと多いのでした‥‥orz

Last-modified: Mon, 25 Oct 2010 01:55:46 JST
1,580,481/589(1)
[dynamic,site,style:asada,cache:on]
powered by tds-1.7.4

2007/2/21(Wed)

§1 clamav 0.90 の experimental code を有効にするとバスエラー

clamav-jp に 0.90 正式リリースと流れたのでアップグレードしていたんですが、いつのまにか clamd が死亡、clamscan も起動のたびに死亡してる様子。
忙しいので放っていたんですが、さきほど再現チェックをしてみると、処理終了時に libclamav/entconv.c から iconv_close を呼び出してバスエラーを起こしている模様。
clamav-users の ML アーカイブをチェックしてみたら、同じ現象が報告されていたものの、報告どまり。
そもそもコレって rc2 には無かったコードみたいですが?
とりあえず Solaris SPARC では clamav-config.h#define HAVE_ICONV_H 1 を無効化して内蔵の代用品を使わせると回避できるようです。
そもそもが experimental code なので、--enable-experimental の指定を外すのが一番なんでしょうけど。

以上、1日分です。 (直前の日記
[一覧] << == >> < = >
前月 2007年2月 次月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

検索


Titleonly Ignorecase

ジャンプ

[最新版] [更新] << == >> [上旬] [中旬] [下旬] [一覧] [タイトル]
[back]
Copyright(C) 2007
浅田和久 <asada+uced@solarism.org 実際には加算記号から単価記号まで削除>
http://diary.sytes.net/solaris/
back